-->
ついに開始する時という場合には、事前対策を怠ってはならない。トレードを始める前であるならば、その物を論理的に見つめる事ができる余地があります。ところが、一度マーケットの内部に飛び込んでしまうと、捉え方が自分勝手なものになってしまいがちで、状況によっては真っ当な状況判断ができなくなるリスクがあります。その分自分のメンタルが客観的なうちに適切に準備が不可欠です。その準備とは、とにかく自分だけのシナリオを書くことから行います。今後の相場はこうだからユーロを売買するみたいなあなたなりの台本を書いていきます。その次は為替チャートを確認しましょう。それまでのレートの上下動を見て、現時点での位置を見ます。そうすれば、「今のところ過度に偏った場面になっている」など、もしくは「今となっては大勢の投資家がエントリーしているから今さらしかけてももうやりようがない」ということが納得できます。今さら売買するのが遅いと思っていたら売買しないで、この場面では割り切ることが大切です。どうしてもあなたなりのストーリー展開を妥協しないで無理に新規エントリーすると、為替相場にやられてしまい、逆に損失を被ることになる可能性があります。とは言っても多くの場合緻密なあなたなりのシナリオを作り上げておくと、仕かけるのがやりようがないという状況にはならないだろう。本格的に市場が動意する前の状態のはずです。次は、当面は自らがとろうと決めている通貨の動きを、きちっと確かめる事が大事です。もしも、円安になるはずだという物語を考えたのであればその外貨の変化に注目しておきます。相場の変化を注視し始めたばかりではドルは明確に変化する気配を見せず、上がったり下がったりちょっとした上下動を繰り返しているだけでしょう。だけど、その変化をじっと調べていると、ある地点でじりじりと、円安の方向へと相場が変動し始めます。この状況でようやく、ドルの注文をします。普通、そこまで事前準備を考えておけば、そのエントリーで勝てる率は相当高まります。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.