-->
「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売り買いして収益を生み出す取引です。買ったり売ったりの値は、四六時中上下しています。これが為替レートです。テレビのニュースをみていると外貨の市場の話題が流れる時があります。「本日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。別の言い方をすると、買値と売値の2個の価格が存在している事を表しています。売値、買値ではなくビット、アスクと示しているFX会社も存在しています。一般的に売値の方が安価に設定されるものです。買値は高く、売値は低くなるのが普通です。その差をスプレッドといい、FX取引会社の稼ぎとなっています。スプレッドの差は会社によって異なります。スプレッドの狭さは自分自身にとって手数料になるので、低い業者をセレクトするほうが有利になります。ただし、同じFX業者でも場面に応じてスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。仮定として通常時は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの幅であるとしても市場の上下がかなり激しい場合には1銭よりも広くなったりする場合があります。そのため、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい、変化しないということが肝心です。近頃では固定でスプレッド幅を表示するFX取引会社もいくつもあったりします。実際に業者の注文画面内で現実の市場を確認しなければわからないのでやっかいですが、重要な事です。多額の財産を投資して売買をするのですからリアルなトレードの前に魅力的に思えたFX業者の口座開設を全てして提示されているスプレッドの差をチェックしましょう。同じ通貨ペアでもその瞬間の条件によって、通貨のスプレッド幅は異なることがあります。一般的には、インターバンクマーケットで流動性の高い通貨ではスプレッド幅が狭く他の通貨では広がるのが一般的です。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.