-->
ようやく開始する時という場面ではまずは事前調査を手抜きしてはいけません。売買を始める前であるならば相場を客観的に見ることができるゆとりがあります。ところが、一度マーケットの内側へ立ち入ってしまうとどうやっても捉え方が自己中心的になり、肝心な時に正しい見方がわからなくなる恐れが生じる。だからこそあなたの合理的なうちに、しっかりと事前準備が必要です。準備のためには、とにかく自らの筋書きを記す事から始めます。今後の相場は上がる(または下がる)から、NZドルを取引するというように自らのストーリー展開を考えていきます。次に大事なのはチャートを確認しましょう。相場の推移を確認して今現在の相場をチェックします。そうすれば、「今はだいぶ高いレベルになっているな」など、あるいは「もうすでに多数の方が買い(あるいは売り)に動いているから、これから自分が取引してももうやりようがない」ということが分かってきます。もちろんもう売買するのが手遅れだなと思ったならばエントリーしないで、その状況ではきっぱりと吹っ切ることが必要です。どう試みてもシナリオを貫いて、吹っ切らずに注文すると、市場に押し返されてしまい、そればかりか為替差損を受けることになります。ただかなりの場面で、事前に準備している自分自身の筋書きを思い描いていれば売り(または買い)が遅いなというケースにはならないと思います。本格的にマーケットが上下動する前のはずです。次に、とりあえず自らが注文しようとする売買ポジションの動きを、見る事が大切です。円安になるだろうという台本を書いたのであれば、その通貨の変化に注意を払っておきます。マーケットの変化を注目し始めた段階では、その通貨は誰の眼にも明らかに推移する雰囲気を見せることはなく上がったり下がったりわずかな変動をしているだけでしょう。だが、その動きをしっかりと注目しているとあるポイントでドル高へと為替相場が変動し始めます。このタイミングでいよいよドル買いのエントリーします。基本的に、そこまで事前の準備を考えておけば、そのトレードで利益を上げる可能性は相当高まるはずだ。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.