-->
ありふれた経験の浅い方向けのFX取引の教科書では「損失を被った時にはナンピン買いをして、平均のコストを下げる」等助言されていたりする事もありますが正直に言うとナンピンには相当の隠れたリスクがある。とりあえず、ナンピンの手法について説明しておこう。ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いだから、円安ドル高に推移するほど儲けが出ますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高ドル安が進んだとします。そのままの状況で保持し続けたとしたら損がなくなるまでには円高になった分、円安ドル高に向わなければなりません。投資家であれば、マイナスは早急にリカバリしたいと願うでしょう。それを解決するためはじめに買ったのと同じ額のドルを95円で買い増します。そうしたら、ポジションの平均の買い付け価格は97円50銭まで下げることができます要するに、半分の幅でドル高が進めば赤字を失くすことが出来ます。それが、ナンピンの手法です。このとおり、ナンピンのやり方を聞くと、「納得だ」と考えたりするが、易々と問屋を卸してくれない。95円が底値だということなど誰一人として予想できません。もし、外国為替市場が相当に強い円高ドル安基調だとすると、1ドル=95円では収まらず、一段の円高になる可能性は高くなります。たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをした時に95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピンしたポジションについても、損が生じることになってしまうのである。その状態では、最初に取引したドルと合わさって、マイナスが生じる事になります。このように、ナンピン買いはややこしいです。では、外国為替市場が自らの脚本とは逆の方向にどんどん向ってしまった場合どんな手段で危機を回避すればいいのでしょうか。この場合選択する道は2つ。ひとつめは潔く損切りをする事です。もうひとりは、その時点で、自分自身が保有している買いポジションを縮小することでもう一回マーケットがリカバリするのを何もしないで待ち望むことです。ちょっと控えめな方法だとおっしゃる方もいるでしょう。けれども、自分のポジションに差損が生まれた時、リスクが低い対策はこれよりいいものはないです。なるほど、理屈の上では、ナンピン買いをしてみる方法もあるように思える。だがしかしナンピン買いはあなた自身が損失を出している場面にもかかわらず、ポジションを無くすどころか、逆に買いポジションを重ねていく手法です。この方法では、危険を回避することなど、どう考えても無謀だ察するべきです。ナンピン買いをし続ければその内儲けが出るかもしれません。だけど、そうなる前に資金はショートしてしまうだろう。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.