-->
「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを取引して儲けを上げる商取引です。値段は、常時変動しています。これが為替です。ニュースサイトを見ていると、レートの話題が流れるケースがあります。「本のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。つまり、外為取引には買値と売値の両方の価格があるという事です。売値、買値ではなくビット、アスクと表している業者も存在しています。平常時には買値よりも売値のほうが小さく決定されています。買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。この差分をスプレッドといいFX会社の儲けの1つになっています。スプレッドはFX取引会社によって変わります。スプレッド幅はみなさんにとって費用になるので、小さいFX会社をセレクトしたほうが有益です。ただ、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。仮に通常はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの幅だったとしてもマーケットの上下がかなり大きい状態では1銭よりも大きくなったりする場合があります。そのため、スプレッドの幅が狭いのと同様に固定しているのが必要です。最近では決まったスプレッドの狭さを表示する取引業者も数多く存在しています。実際にFX会社のトレード画面で実際の為替レートをチェックしなければ見分けられないのですが重要な事です。多額の資金を使って売買しますので、現実のエントリーの前に魅力的に思えたFX取引会社の新規取引口座開設をいくつもして表示されているスプレッド幅を点検しましょう。同じ通貨ペアでもその場面での変動率によって、通貨ペアのスプレッドの狭さは異なることがあります。通常、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さく別の外貨ではスプレッドの差が広くなる傾向にあります。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.