-->
外為の経験がない方がマーケットの勘所を探すためには初めに取引を積み上げていく事が不可欠です。特に、前もってリスクを気付くようにするためには負けを重ねる事も経験のひとつです。もちろん、損をするといっても、命取りとなるほど致命的な間違いをする事は許されません。取り返しが付く間違いを数度実践する事が最終的に自分自身の経験を増やしてくれる。この考えではまずはわずかな資金で取引を行いそれによって何度か小さめのミスをすることが重要です。ひとつの例として、100万円だけしか投資する余裕が無い方が、考えなしで100万円を全部使って注文すると失敗した時、今後立ち直れなくなってしまうリスクがあります。そのため、資金の10%ずつ小分けしてエントリーしてこれによってトレードを重ねた方が、着実に間違いをカバーする手法なども学習していくはずです。少額資金で投資することの長所は、先に言及したように、自分自身の実戦を増やしマイナスを制御する術を習得していく事にありますが注文の回数を増やして、不確実性を小さくできるというメリットもあります。想定として、1回の注文で勝てる確率が5割だと考えます。ということは、同じ条件で損失を生む危険性もあります。勝率5割ということは。半分半分の可能性で勝てることを示しています。しかし、全ての投資資金を投じて取引をするということは勝つか、負けるかの片方になってしまいます。それはたんに1度の丁半バクチと同じ。結局のところ、全てのお金を使って1回だけしか売買しないと、損失が生じる危険性が大きくなってしまいます。これを回避するために、資金を全部使うのではなく何度かに分けて回数を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。ただしいくつかに分けたとしても、全てのトレードで利益を出す事は不可欠ではありません。正しく言うと、勝利する事が出来ないのが現実です。トレードで大事なのは勝利回数ではなく、どれだけ儲けるかである。勝半5割でも或いは5割以下でも儲かる時は儲かります。5割以上負けても損益が少しであればわずかな勝ちの利益だけで上手に利益を上げられます。そのために必要な事は、損を少なく、利益を大きくを忘れない事です。損が出たら間髪を入れず損切りして勝った場面では出来るだけ大きく利益を上げることが、FX取引の経験の浅い方が為替でプラスになるための神髄です。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.