-->
外為初めての方が市場のポイントを見つけるにはトレードを積み重ねていく事が大切である。特に、あらかじめ危険性を感づくようになるには、間違いをすることも大事です。無論、間違いをするといっても、立ち直れなくなるほど重大な負けをしてはいけません。ちょっとした損を何度か実践する事が結論として自分のレベルを上げてくれるはずです。そう考えるととりあえずは少額で売り買いをして、これによって何回か簡単な失敗をすることが大切です。例えとして、100万円しか投資に回すお金のない人が、いきなり100万円を一銭も残さないで投じて取引すると負けた時永久に取り返せない危険性があります。それならば、たとえば1割ずつ売り買いして、そこでエントリーを経験した方が、着実に間違いを対応する技術なども学んでいくはずです。最初は少額で投資することの良い点は既出の通り、あなたの経験値を高め、損を回避する手法を学んでいく事にありますが、一緒に、注文の回数を積み重ねる事で、偶然性を少なくできるという利点もあります。例として、1度の注文で勝てる確率が二分の一だとします。すると、等しい確率で損するリスクもあるということになります。勝率5割ということは。2回に1回の率で儲けられる事を言い表しています。しかし、全てを注ぎ込んで1度だけの取引をするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。それは1度だけの賭博と同じです。つまり、全ての投資資金を投入して1度だけしかエントリーしないとこれだけでは損が生じる率が大きくなります。そのため、お金を1回に全部使うのではなく少額ずつ分けて機会を増やす事がリスク管理となります。ただ少しずつ分けたとしても、全ての注文で儲ける事は必須ではありません。正しく言うと、勝てないのが実情です。投資で必要なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのように儲けるかである。勝率が同じでも仮に勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。5割以上負けてもその損益がわずかであれば、わずかな勝利の利益で十分儲けられます。そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を覚えておく事です。損失が出たらすぐにロスカット注文して逆に利益を上げられる場合は大きく利益を上げることが外為ビギナーが為替で儲ける極意といえる。

Link

Copyright © 1997 www.beatsbydrestudio-us.com All Rights Reserved.